「就職活動記」


M.O. 内定先「東京消防庁」
 
 私は、東京消防庁に決まりました。しかしまだ最終合格をしただけで、必ず採用という訳ではないので、まだ少し不安です。

 私は、アルバイトでライフガードをしていました。そのアルバイトを通じて、人の命を助けることや、救助というものにやり甲斐を感じ、将来もその様な仕事に就きたいと思うようになりました。しかも、消防は公務員なので安定しているというのも魅力でした。

 しかし、東京消防庁に入るためには、20倍以上の試験に合格しなければなりません。とても大変で、ゼミの20倍以上勉強していまいました。来年は、消防学校でバリバリ体を鍛えようと思います。



T.K. 内定先「N商事株式会社」

 私は、N商事(株)に内定しました。この会社はN通運を親に持つ会社です。私自身、1月に初めて会社説明会に行って活動をスタートさせました。6月上旬に活動は終わらせましたが、商社を中心に色々な会社を見てみようと思いながら活動をしていき、その中で様々な事を考えさせられた時期でした。自分が今までどの様に生きてきたか、これから何をしたいのか、何故この会社なのか、最初の頃は主張するべき事がしっかり固まらず苦労もしました。
 
 しかし、活動中に多くの人に会うことが出来ました。個人的に色々な情報を与えてくれた会社の方もいました。この様な貴重な経験を出来た事は、良かったと思います。
 
 来年は一体自分は何処に住んでいるのかと考えてしまう今日この頃ですが、残り少ない(予定)の学生生活をエンジョイしたいと思います。



T.S. 内定先「株式会社Oビジネスコンサルタント」

 学内の公務員講座に参加していた私は、一抹の不安を感じ2月下旬ころから民間企業もまわることにした。物流、情報関係を中心に活動した。できれば物流の方が良いと思った。それまで通関士試験の勉強をしており、その知識を生かせる仕事の方が良いと考えたからである。が、思い通りにはいかなかった。一次で落ちることもあれば、まさかの最終で落ちることもあった。

 そうこうしているうちに、第2志望の情報関係の会社から内定が出た。情報業界は昨今の経済情勢下でも多少好調である。もしかしたら、内定をくれる会社の方が向いているのかもしれない。我を通すことは大切なことだ。しかし、一方で妥協することも必要である。そう感じ、私の就職活動は終了した。ちなみに、公務員試験のほうは、もちろん・・・である。



M.H. 内定先「株式会社H」

 私は、(株)Hという大手おもちゃ製造会社グループの玩具卸売業者に就職を決めました。
 
 実は、活動を本格的に始めたのは、皆さんよりだいぶ遅れた4月の末からでした。従って、まずどういう仕事をしてみたいのかを考え、それが実現しそうな会社に的を絞って説明会に参加するようにしました。これから就職活動をされる方も、様々な経験をなされると思いますが、悔いのない選択を導くよう、前向きに活動していくことをおすすめいたします。



M.O. 内定先「M工業株式会社」

 私が活動を通じて思ったことは、自分がいかに世間知らずであるかということです。自分のイメージだけで志望業種や会社を決めていたり、と、自分の勉強不足を痛感しました。私は就職活動が長引いたのですか、その原因は現実とイメージの差がなかなか埋まらなかったからだと思います。後は面接とかは慣れ、だった気がします。私は活動日誌ようなものをつけていました。面接で聞かれたことやそれに対してどう答えたか、など。そうすることによって、同じミスをすることが減ってきて、少しずつ自分に自信を持つことができたのではないかと思います。

 私にとっての就職活動は、ありふれた言い方ですが、自分を見つめ直すいい機会になりました。私は結果的にはメーカーの総合職・営業という希望どおりの仕事で内定を得ることができましたが、これからが正念場だと思うのでがんばっていきたいです。

 でもその前に卒業しなきゃ!来春、卒業&就職できていたらOB会には静岡から上京かなぁ。


Back